ビューラー

カウンセリングから始まる水光注射の施術の流れ

美白

水光注射の施術の流れは、施術の前にカウンセリングや診察が行われます。肌の状態を確認したり、肌の悩みを相談します。この時に施術内容や料金についても説明を受けることができるので、納得してから治療が始まります。美容クリニックによっては、効果検証ができるように、施術前の写真を撮る場合があります。施術前には、痛みを和らげるために麻酔を使います。麻酔は、施術を行う部位に麻酔のクリームを塗布し30分置いてから始めていきます。水光注射は、吸引しながら注射し、薬剤を注入する方法で行われていきます。針を刺すため、出血しますがガーゼで押さえながらになります。針の長さを調節が可能で、痛みや出血を確認しながらの施術になります。施術によって、赤みがでたり、ヒリヒリすることがありますが、炎症を抑えるためにクーリングをしたり、炎症止めに軟膏を塗ることもあります。たいていの場合、施術直後~24時間程度で収まります。水光注射に使われる注射針は細い針です。そのため、注射痕は3分程で塞がるので安心して治療を受けることができます。水光注射は、美容クリニックへ相談します。個人差があるものの、肌の状態が落ち着いてくる施術2日後程度から、肌に潤いを感じハリに変化が見られるようになります。

TOP